アイアンオー

Now Loading...

top

BLOG

コピーライターの筆記具。
2018年05月17日

 こんにちは、石井です。今日はぼくが駆け出しのコピーライターだった頃の話。(年をとると昔話や自慢話が増える、と若い人に言われますが)お許しください。

 当時は広告制作のすべてがアナログで、今と比べるとのんびりしていたかもしれません。実際にはその時代その時代で必死だったとは思いますが。

 まず、コピーはすべて手書き。筆記具はあの青いステッドラーの2B鉛筆。毎朝、10本くらいを鉛筆削り機で削ると、右手の小指の下を真っ黒にして書いた。広告会社支給の原稿用紙は、横にも縦にも使える25マス×16マスの400字詰め。読み間違いのないよう、角ゴシックのような独特の書体で、1マス1マスていねいに埋めていった。

 キャッチフレーズは、原稿用紙に一本ほぼ25字以内で一案ごとに改行して書いた。ボディコピーは不要になったコピー用紙の裏に下書き、誰も読めないような字で、できるだけ小さな文字で書いた。それを推敲してから、原稿用紙に清書した。清書が仕事の半分くらいを占めていた。

 提出が決まったキャッチフレーズ案は、原稿用紙にサインペンで大きく清書した。鉛筆で清書したボディコピーは、デザイナーが手描きしたラフスケッチといっしょにプレゼンした。キャッチフレーズのタイポグラフィもデザイナーの手書きだった。修正があれば、再び手を真っ黒にして全文を清書して提出した。原稿用紙を何枚も清書するには、結構体力がいった。

 やがて、ワープロが登場すると、清書から解放された。当初、ワープロは笑えるほど大きく、まるでミシンのようだった。まもなく、ワープロもパソコンに変わった。パソコンになってコピーライターの仕事がどう変わったのか改めて考えてみる。確かに便利にはなったんだけど、手書きとは何かがちがう。

 小説家には手書き派とパソコン派がいるらしい。小説家が手書きにこだわるのは、なんとなくわかる。手書きのほうが小説の世界に没頭できるし、集中して執筆できるような気がします。

 コピーライターから小説家に転身した林真理子さんも、手書きにこだわる作家の一人。「書き始めると手が勝手に動く」そうです。うらやましい。そして、書き疲れると「手は切り上げるタイミングを知っている」といいます。それが文章のリズムになる。パソコンは楽に書けるから、だらだらと書き続けてしまう。それでは読み手が飽きる、いい小説は書けない、というわけです。

 いま、このブログもパソコンで書いていますが、本当にだらだらと書いている気がします。そろそろまとめに入らないとね。

 パソコンでは、ローマ字入力して、文節ごとにひらがなを漢字変換して書いています。もう、慣れてしまったので、それほど抵抗はないのですが、漢字変換のたびに関係のない漢字が見え隠れするし、そのたびにイメージが散漫に。なかなかいいボディがまとまらないときは、下書きを手書きします。それでいいボディが書けるか、というとそんなに簡単ではないのですが。

 ただ、キャッチフレーズの場合は、漢字変換で思いも寄らない同音異義の言葉に気づいて、いいコピーが生まれたりすることもありました。そのときはラッキー!

 今はというと、キャッチフレーズは愛用のボールペンで手書き。一時期、万年筆を試したこともありますが、ブルーのインクが美し過ぎて、どのコピーも良く見えて・・・というのはもちろん嘘です。やはり原稿用紙がインクで汚れやすい、手が汚れるなどの理由で、ボールペンに落ち着きました。写真のボ-ルペンは、軸が太いので疲れません。もう30年愛用しています。

Writing:Ishii
これからのWeb制作
2018年04月26日

Web担当の織田です。

??? と思った方もおられるかもしれませんが、
社名「I&O」の「O」とはまた別の織田です。
ちなみに1階で事務をしている織田とも違います。
ややこしくてすいません。

本題に戻ります。初投稿で正直何を書けばいいのか迷いましたが、
一応Web担当らしく、Webに関わることを書こうかなと思います。
今回は「XD」というアプリケーションについてです。

Adobeから昨年リリースされたアプリケーションで、
Webサイトや、モバイルアプリのデザイン、プロトタイプ、共有、
すべてをXDでおこなえます。

製作者はPhotoshopやIllustratorに比べて、
起動や動作速度が早く、アイデアを素早く形にでき、
クライアントはiOSやAndoroidデバイスでプレビューできるなど、
高い精度のユーザー体験をプロトタイプで確認できるようになります。

簡単に言えば「このボタンをクリックすればこのページにジャンプする」、
「スマートフォンサイズで見ればこのように見える」など
画面上で実際の動きや見え方を確認してもらうことができます。

Illustratorなどを使える人なら基本的な操作はすぐに使えるようになると思いますので
試してみてはいかがでしょうか。
と偉そうなことを言いながら、
私自身もまだほぼ使用していないのでこれから勉強していこうかと思います。

他にもAdobeのホームページを見ていると
面白そうなアプリケーションが続々と登場していますので、
見てみてください。
個人的にはDimensionとか使ってみたいです。

Writing:Oda-Y
祝!HCC賞受賞!
2018年04月16日

コピーライターの城川です。

先日、椎名林檎のコンサートに感極まり
鼻血が出た話はさておき。

4/14(土)、北陸の1年間の広告コピーを競い合う
「北陸コピーライターズクラブ HCC賞審査会」が
福井市ハピリンホールにて開催されました。

特別審査員には「広告夫婦」としても知られる
福里真一氏と三井明子氏をお迎えし、
審査後には夫婦漫才のような(!?)
スペシャルトークショーも行われました。
(貴重なトークショーの模様は今年発刊のHCC年鑑
に掲載予定。乞うご期待!)

 

そしてそして、今回の審査会、弊社の結果は…

 

グランプリ!!
とはいきませんでしたが

 

ナ・ナ・ナント
次点で「HCC賞」を受賞しました!!!

 

受賞したのは富山市の月猫カフェ様のお仕事です。
(混合シリーズ:リーフレット・ポスター)

月猫カフェ様は、猫カフェとして運営しながら、
なんらかの事情で保護された猫(保護猫)と
新しい飼い主さんとの出会いの場を
つくっていらっしゃいます。

 

弊社では開店時のブランディングから
お手伝いさせていただきました。
詳しくはこちら

 

ヒアリングをしていくなかで、
じぶんには猫への無知や誤解がたくさんありました。
(たとえばノラ猫に餌をあげるのはいいことだと思ってました)

猫ボランティアの方々は、そんな「知らない」が原因で
たくさんの不幸な猫が生まれていることを、
とても悩んでいらっしゃいました。
そこで少しでも広告の力でお手伝いできればと、
啓蒙のためのリーフレットとポスターを
制作させていただきました。
(どう、お説教っぽくなく伝えるか、むずかしいお題でした)

 

ポスターをご提案したとき。
オーナーさんからは泣きながら感謝されてしまいました。
(こんな広告屋冥利に尽きることあります?)

「全ボラ(ボランティア)が泣いたポスター」
とのキャッチコピーもいただきました。笑

それだけでなによりもうれしかったのですが、
こうして賞までいただくこともできて、
ほんとうにありがたい限りです。
改めてクライアント様には感謝申し上げます。

ぜひみなさまも月猫カフェに行ってみてください。
天国ですヨ。

 

さてさて、コピーライターはこのように
とってもやりがいに満ちた仕事です。(迫真)
さあ、そこのアナタ!
北陸でコピーライターになって
HCCに入会しませんか!?(にっこり)


(審査会後の宴にて)

以上、うれしいお知らせでした〜

Writing:Shirokawa
2018年04月04日

こんにちは。デザイナーの成田です!
今回のWebサイトリニューアルで、スタッフの似顔絵を担当しました。

それまでイラストを描くことはあったのですが、「似顔絵」というものを描いたことがなく、今回は完成までの流れを少しご紹介。

 

まずは石井さん。顎のお髭をつけるかどうかで悩みましたがほとんど書き直すことなく完成!このタッチを基準に上手く描けそうな人から進めることに。

 

次に堀川さん、何かが少し違う…。ハツラツ感でしょうか。最後に眉毛の角度を変えてキリリ。北村さんも微調整のみですんなり描けました! に、にている!

 

全体に少しゆるいテイストで描いていましたが、橋爪さん本人のご要望もあり、はっきりとしたタッチに!

 

そして織田さん!
完成間近で何故かデータが消えてしまい……力が抜けたのがよかったのか、いい感じに味が出ました。

 

山口さんと村上さんは、細かく書き込むほど何かが違う……うーん。
シンプルなほうが本人に近づいていく不思議…。

 

寺越さん、今思うと最初はこんなにも似ていなったのかとビックリ…。

 

城川くんは試行錯誤の末、とにかく髪の毛をクルクルのフワフワに!

 

雄介さんは、写真が1番少ない事もあり、少々難航しましたが、母まさこさんから「似ている!」と太鼓判をもらい、一安心しました。

そして最後にもう一人!事務のまさこさんの似顔絵も描いてみました。

ブログの投稿もあるそうなのでお楽しみに!

Writing:Narita
欧文書体が好き
2018年03月09日

デザイナーの北村です。

 

きれいな欧文書体が好きなんですよ。

 

Trajan01

「欧文書体」というのは、一言でいえば「英字フォント」のこと。パソコンの中にはたくさんのフォントが入っていますよね。書体制作会社もたくさんあり、あとから気軽に買い足すこともできます。

美しいフォルムだとか、遠くから見ても読みやすいとか、でっかく使ってかっこいいとか、個性的でありながら実用的だとか。そういう書体を眺めていると、なんだかうっとりしてしまいます。。

 

そんな欧文書体の魅力の一つに、書体が設計・制作された歴史や背景があります。(「設計」という言い方もかっこいい…)現在よく使われている数々の定番書体や人気書体というのは、50年前、100年前、中には500年前には原形ができあがっていて、それを元に現在僕たちが使っている「フォントデータ」にしたものが多いんですよ。

 

 

今回はその一つをご紹介。

 

■Trajan(トレイジャン)

Trajan02

約2000年前の古代ローマ時代、トラヤヌス(Trajanus)帝の石碑や建物等に彫られていた文字を参考に設計されたそうです。

 

Trajan03

 

荘厳で格調を感じさせるフォルムです…。なんて美しいんでしょう…。2000年も前に既にここまで美しい文字が存在していたというのは驚きでしかありません。。。

ちなみに、下の行ほど文字が小さくなっていきますが、これは高いところにある石碑を下から見上げたときに、各行の文字を同じくらいの大きさに見せるためだそうです…!(驚愕)

フォントになった今でも、当時の状況にあわせて小文字は制作されていませんし、文字幅は一定ではないので本文向きではありません。一般的に見出し等で大きめに使い、字間を詰めずゆったり組んであげるのがいいとされています。

映画のタイトルや大学のロゴなど、世界中のいろいろなところで使われているんですよ。

最近だと大河ド○マのオープニング映像で「西郷○ん」と出る前に“ S E G ○ D O N ”と出ますが、あれがTrajanです 笑

 

こういった書体が持つ背景というのは、日常のデザイン業務で書体を選ぶ際には関係のないことですし、影響されることもありませんが、無数にある書体の世界にたしかに深みを持たせているのではないでしょうか。

 

また機会があれば別の書体を紹介できればと思います。

Writing:Kitamura