アイアンオー

Now Loading...

top

BLOG

コピーライターの筆記具。
2018年05月17日

 こんにちは、石井です。今日はぼくが駆け出しのコピーライターだった頃の話。(年をとると昔話や自慢話が増える、と若い人に言われますが)お許しください。

 当時は広告制作のすべてがアナログで、今と比べるとのんびりしていたかもしれません。実際にはその時代その時代で必死だったとは思いますが。

 まず、コピーはすべて手書き。筆記具はあの青いステッドラーの2B鉛筆。毎朝、10本くらいを鉛筆削り機で削ると、右手の小指の下を真っ黒にして書いた。広告会社支給の原稿用紙は、横にも縦にも使える25マス×16マスの400字詰め。読み間違いのないよう、角ゴシックのような独特の書体で、1マス1マスていねいに埋めていった。

 キャッチフレーズは、原稿用紙に一本ほぼ25字以内で一案ごとに改行して書いた。ボディコピーは不要になったコピー用紙の裏に下書き、誰も読めないような字で、できるだけ小さな文字で書いた。それを推敲してから、原稿用紙に清書した。清書が仕事の半分くらいを占めていた。

 提出が決まったキャッチフレーズ案は、原稿用紙にサインペンで大きく清書した。鉛筆で清書したボディコピーは、デザイナーが手描きしたラフスケッチといっしょにプレゼンした。キャッチフレーズのタイポグラフィもデザイナーの手書きだった。修正があれば、再び手を真っ黒にして全文を清書して提出した。原稿用紙を何枚も清書するには、結構体力がいった。

 やがて、ワープロが登場すると、清書から解放された。当初、ワープロは笑えるほど大きく、まるでミシンのようだった。まもなく、ワープロもパソコンに変わった。パソコンになってコピーライターの仕事がどう変わったのか改めて考えてみる。確かに便利にはなったんだけど、手書きとは何かがちがう。

 小説家には手書き派とパソコン派がいるらしい。小説家が手書きにこだわるのは、なんとなくわかる。手書きのほうが小説の世界に没頭できるし、集中して執筆できるような気がします。

 コピーライターから小説家に転身した林真理子さんも、手書きにこだわる作家の一人。「書き始めると手が勝手に動く」そうです。うらやましい。そして、書き疲れると「手は切り上げるタイミングを知っている」といいます。それが文章のリズムになる。パソコンは楽に書けるから、だらだらと書き続けてしまう。それでは読み手が飽きる、いい小説は書けない、というわけです。

 いま、このブログもパソコンで書いていますが、本当にだらだらと書いている気がします。そろそろまとめに入らないとね。

 パソコンでは、ローマ字入力して、文節ごとにひらがなを漢字変換して書いています。もう、慣れてしまったので、それほど抵抗はないのですが、漢字変換のたびに関係のない漢字が見え隠れするし、そのたびにイメージが散漫に。なかなかいいボディがまとまらないときは、下書きを手書きします。それでいいボディが書けるか、というとそんなに簡単ではないのですが。

 ただ、キャッチフレーズの場合は、漢字変換で思いも寄らない同音異義の言葉に気づいて、いいコピーが生まれたりすることもありました。そのときはラッキー!

 今はというと、キャッチフレーズは愛用のボールペンで手書き。一時期、万年筆を試したこともありますが、ブルーのインクが美し過ぎて、どのコピーも良く見えて・・・というのはもちろん嘘です。やはり原稿用紙がインクで汚れやすい、手が汚れるなどの理由で、ボールペンに落ち着きました。写真のボ-ルペンは、軸が太いので疲れません。もう30年愛用しています。

Writing:Ishii
それぞれの記念日。
2018年01月04日

新しい年が始まりました。みなさん、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。新しいホームページにブログをという、スタッフの要望で誕生したコーナーです。第1回は、石井が書きます。スタッフ全員がリレーで登場する予定ですので、第2回以降もお楽しみに。

昨年は、いつになく不倫や離婚が話題になりましたね。いちばん近くて、いちばん難しい人間関係は、たぶん夫婦です。そんな夫婦にとって最も大切な日のひとつは、結婚記念日でしょうか。その日は、新しい家族の歴史が始まった特別な日です。夫婦関係を円満にするためにも、年に一度くらい、その日を振り返ってみるのもいいかもしれません。
銀婚式や金婚式のような誰もが知る節目も大事ですが、1周年から15周年までは毎年結婚記念日に名前があります。たとえば、1周年は紙婚式、5周年は木婚式、10周年なら錫婚式。夫婦で記念日にちなんだ贈り物を交わすのもいいですね。木婚式には、観葉植物や木の製品を贈るみたいです。
とは言ったものの、私について言えば、かろうじて一度だけ、銀婚式に銀のアクセサリーを贈ったことがあるくらいです。ちなみにうちの結婚記念日は、3月20日。2年後に40周年、ルビー婚式を迎えますので、今から心の準備(と資金の準備)をしておきます。

 

では、会社にとっていちばん大切な日は?多くの方が創業記念日と答えるでしょう。当社の創業記念日はというと、奇しくも私の結婚記念日と同じ3月20日です。1982年のこの日に、会社の登記をしました。よく社名の由来を聞かれるのですが、アイアンオーは「I&O」、恥ずかしながらふたりの創業者のイニシャルを社名にしました。


アメリカに伝説の広告代理店、DDBがありますが、社名の付け方だけでも習って、憧れの広告会社に近づきたいと思ったわけです。「広告はアートである」と主張する社長兼クリエーティブディレクターのウィリアム・バーンバック氏、副社長のドイル氏、おなじく管理担当副社長のデーン氏、三人のイニシャルを組み合わせてドイル・デーン・バーンバック、DDBとしたのです。
DDBといえば、1960年代、伝説のVWのキャンペーンをはじめつぎつぎにヒット広告を制作し、ニューヨークのマジソンアベニューから世界の広告業界に新風を吹き込んだ、今で言うクリエーティブエージェンシーの先駆け。「Think small」や「Lemon」などの鋭いキャッチフレーズで知られるVWの広告は、史上最強の広告キャンペーンと言われ、半世紀以上経った今でも語り継がれています。私も西尾忠久さんの訳したVWビートルの作品集を、コピーのお手本として繰り返し読んだ一人です。

さて、実は昨年、当社は創業35周年でした。特別なイベントはできませんでしたが、昨年から準備を進めてきたホームページを、このたびリニューアルしました。
創業記念日のなかでも、50周年や100周年などの大きな節目は、より特別な意味をもちます。このときに、社名やロゴマークを見直したり、記念商品を発売したり、地域やお客さまに向けて感謝のCMや広告を打つ企業もあります。
周年記念の年は、企業の歴史を振り返るだけでなく、むしろ未来への夢や展望を確認し、社内外に表明するまたとない機会でもあります。そうすることで、社員の気持ちをひとつにし、ビジネスチャンスを広げることもできるかもしれません。

このブログを読んでいただいたのも何かの縁です。もし、貴方の会社が、今年周年を迎えるので何かをしたいとか、周年を機会に広告やデザインを見直したいとか、ホームページを一新したいなど、そんなご計画があるようでしたら、ぜひとも私たちにご相談ください。(石井)

Writing:Ishii
近日公開予定、しばらくお待ちください。
2017年12月28日

このブログは、スタッフがリレーで日頃の思いを自由に綴ります。
ただいま、準備中ですのでしばらくお待ちください。

Writing:Ishii