アイアンオー

top

BLOG

ポストカード
2019年04月18日

こんにちは!
デザイナー25年目アニバーサリーイヤーの寺越です。

さて、みなさんは企画展や展覧会には行かれますか。
最近はsnsで拡散できるように撮影OKの展覧会が
多くて参加する楽しみもありますね。
あと楽しみといえば、記念ポストカード。
私は必ず購入しています。

ちょっと長くなりますが
コレクションの一部を紹介します!

左/「デザインあ展 in TOYAMA」
3回行きました。ホログラムになっています。
右/「単位展」
中村至男さんサイコー! 絵本にサインしてもらいました!

左/「江口寿史 イラストレーション展<彼女>」
江口寿史さんの描く女性、萌えます。
右/「ガウディ×井上雄彦-シンクロする創造の源泉-」
バガボンドはバイブル。

/「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」
いや〜良かった♥たまらん世界観。紙にテクスチャーが入っています。
右/「情景師アラーキーの 凄い! ジオラマ展」
在廊されていた荒木さんとお話ししたかった。

左/「館長 庵野秀明 特撮博物館」
特撮用のジオラマが大迫力。
右/ジブリの大博覧会
ガラス美術館と展示がマッチしてましたね。

左/「レアンドロ・エルリッヒ展」
21世紀美術館のプールの作家さん。インスタ映え!
右/「三沢厚彦 ANIMALS IN TOYAMA」
弊社で作品集作らせていただいたようです。


長くてしつこいブログですみません。
ポストカードは記念になっていいですね。

あっポストカードといえば
弊社入り口のカウンターにも置いてありました。
HCC北陸コピーライターズクラブ賞のポストカード。
弊社デザイナーが担当したようで、
詳細は彼が書く・・・かもです。

HCC北陸コピーライターズクラブ

Writing:Terakoshi
どこに貼ってあんの?このポスター。
2018年09月05日

ポスターの街・とやま

こんにちは!デザイナーの寺越です。 気がつけばもう9月。まだまだ暑い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

暑いといえば、熱すぎる企画展が富山県美術館で始まったので行ってまいりました。国内唯一の国際公募ポスター展「世界ポスタートリエンナーレトヤマ2018」(略称:IPT2018)。3年に1度開催され今年で12回目だそうです。地元富山のデザイナーの方々の入選が多くて驚きました。私は落選したので羨ましいやら悔しいやら・・・次回リベンジしたいと思います。

 

さて、私の中でポスターといえばコレ。

シェパード・フェアリー

デスクに貼ってあるシェパード・フェアリーさんが制作された「HOPE」。アメリカ大統領選に出馬したオバマ氏を支援するために勝手に作ったポスター。ゲリラ的に販売・配布され街中にベタベタ貼られました。もちろん勝手に。TV番組が街頭インタビューすると背景に必ずこのポスター写っているほど貼られていたそうです。当然勝手に。オバマ陣営がとても粋で勝手に作ったポスターをオフィシャルポスターにしちゃったのです。クールですね。

どこに貼ってあったのか、何を伝えたいのか解らない壁紙のようなポスターより、心を動かす様なポスターやデザインを作りたいと日々思っています。

 

IPT協賛イベント「ポスターの街・とやま」開催中

IPT協賛イベント「ポスターの街・とやま」開催中!

Writing:Terakoshi
なんでボツやね〜ん
2018年02月09日

こんにちは!デザイナーの寺越です。

WEBサイトをリニューアルして1ヶ月。ご覧になっていかがでしょうか。私もほんの少〜しだけサイト制作に参加しました。たいした事はやっておらずワイヤーフレーム程度の簡単なデザインカンプなどです。ちなみにワイヤーフレームやスクショの作業を行う際は心の中で必殺技風に叫ぶようにしています。

寺越寛史

話を戻します。実は前回の当社WEBサイトの制作もほんの少しだけ携わっています。スクショしますね。

はい。こんなサイトです。古さが醸し出てますね。

当時、何人かで企画していました。会議で「ノートを下地にしよう!」と、そこはかとなく決まったと記憶しています(私のアイデアではないです)。なんとか自分のツメ跡を残そうとこんなデザインを考えました。お問い合わせフォームから入力して送信すると・・・・

どうですいいですよね!

ところがあえなくボツ。ことごとくボツ。なんでボツやね〜んと悔しさで、涙の汁で枕をグッショリ濡らしました。さて皆さんはなぜボツかもうお気づきですよね。

 

こんなパフォーマンスがいちいち発動していたら鬱陶しくてwebサイトの使い勝手がとっても悪いですよね。そもそも実装事態がむずかしそうです。

それと一番の問題は自戒をこめてここ→ユーザーの使い勝手よりも、自分のツメ跡を残そうとデザインしてる事です。デザイナーの自己満足と傲慢ですね。

面白い!やキレイ!などデザインをする上で大切な要素は、誰かのためだったり、目的達成のためでなくてはいけないなぁ〜と強く思う今日このごろです。実はこのブログも誰かのために書いていたりして。

それにしても、紙ヒコーキいいですよね。

Writing:Terakoshi