アイアンオー

top

BLOG

街の色。
2022年09月09日

曇りや雨の日も多くなり酷暑もようやく終焉の季節ですが、こんな時ほど鮮やかな風景が恋しくなるものですね。堀川です。みなさんお元気でしょうか。
またまたスマホの写真を掘り出しながら、今回は高知の風景をお届けしてみたいと思います。

“おおぼけ”駅|土讃線

高知までは体力勝負。富山からは電車で約7時間〜、車で約8時間〜と遠いのですが、そこには南国の別天地があります。

帯屋町商店街

市内の中心にお城があったり市電が通っていたりと、一見、富山市の風景によく似ているのですが、一番違うのはアーケードの賑いです。(人口/富山市=約41万人 高知市=約32万人)
聞く所によればナショナルチェーンが台頭する現在でも、個人商店を大切にしている土地柄だそうです。人と人との繋がりが感じとれるようで、なんだかちょっと嬉しくなりますよね。

坂本龍馬記念館

桂浜からのぞむ太平洋は、真っ青というよりも黒色。龍馬記念館のオレンジが、やけに目に染みます。都市の景観や色彩を均一に保つ事はもちろん大切なのですが、時にはそれからハミ出た色や形があっても面白い。デザインは調和をとる事だけが全てではありませんよね。

さらに目に染みるのはワラ焼きの炎。燻された半生の温かな鰹節の味…(例えてみますと)是非みなさんにも本場の鰹のタタキを味わっていただきたいです!

さてさて、私も鮮やかに燃えて仕事に励まねば。是非是非、色取り取りなお仕事お待ちしております!それではまた!

Writing:Horikawa
あなたに会えたお礼です、先輩。
2021年12月24日

 今年の暮れ、東京銀座のギャラリーで、コピーライター故岩崎俊一氏の展示会が開催された。東京コピーライターズクラブが「TCCホール・オブ・フェイム」殿堂入りを記念して企画した、おそらく日本の広告史上初の「文字だけの=コピーだけの」コピーライター展だろう。今年の心残りはいくつかあるが、最も大きな心残りはこの個展に行けなかったことだ。

 ぼくが岩崎さんに初めてお会いしたのは、1993年の冬。当時、富山コピーライターズクラブによる年に一度の賞審査会へ、特別審査員として富山へ来ていただいたのだった。既にTCCの常連で、ソニー、パルコ、西武百貨店やキリンビールのヒットコピーをいくつも書いていた。出身大学と学部が同じこともあって、勝手に「先輩」コピーライターとして憧れていた。

 今思えば読むのが迷惑になりそうなくらい長い、審査の依頼状を書いたのを記憶している。多忙な日々にもかかわらず名も無い一地方の審査会を快く引き受けていただいた。富山空港に降り立った岩崎さんは、すぐにわかった。テニス焼けした精悍な顔つき、鍛えられた全身、とにかくかっこ良かったな。

 審査後の講評は「もっとやんちゃに」だった。ちょっとまじめすぎる、というのが全体の印象で、広告という形にとらわれすぎているというアドバイスをいただいた。その時はわかったつもりだったが、果たしていま、それができているか自問すると、恥ずかしい限りだ。

 ある日、岩崎事務所から一冊の情報誌が届いた。岩崎さんのエッセイが連載されていた。ぜひ、バックナンバーも欲しいとお願いすると、まもなく分厚いゲラのコピーが届いた。それらのエッセイは後に「大人の迷子たち」(廣済堂出版)として一冊の単行本になるのだが、ぼくにはあのゲラは宝物だ。

 岩崎さんとの最初の出会いから20年後、2013年に富山コピーライターズクラブが北陸コピーライターズクラブに生まれ変わった。記念すべき最初の審査会を開催するにあたって、ぼくの願いが叶い、特別審査員に岩崎さんを再びご招待することになった。

 しかし、残念ながら体調が思わしくないとの理由で、二度目の審査員として来ていただくことは叶わなかった。それでも、いつかお招きしたいとひそかに念じて、健康の回復を祈っていたが、ついに再会の機会は来なかった。翌年の師走、突然の訃報が信じられなかった。67歳の若さだった。

あなたに会えたお礼です。

ボディコピーはこうつづく。

人が、一生のあいだに

会える人の数はほんとうにわずかだと思います。

そんな、ひと握りの人の中に、

あなたが入っていたなんて。

この幸運を、ぼくは、

誰に感謝すればいいのでしょう。

あなたに会えたお礼です。

(サントリー/お歳暮/1985年)

 トンボ鉛筆、東京海上日動サミュエルなど、岩崎さんのコピーは、晩年になるほど深みを増し、人間の心のひだの部分を確かに映し出していた。氏のキャッチフレーズやボディコピーを読んでいると、コピーライターは大人の仕事、いや一生の仕事なのだと気付かされる。

 岩崎さん、あなたに会えたお礼をぼくは何と言えば良いのでしょう。答えが見つかるまで、もう少しコピーを書き続けます。

Writing:Ishii
「もっと早く知りたかった」
2021年12月09日

この謳い文句にめっぽう弱い、デザイナーの成田です。

便利なものに出会うと、もっと早く知りたかった…と思うことがありますが
私の中では、Illustratorの新機能【書式なしでペースト】がそうです。

今年6月のアップデートで、密かに追加されていた機能なのですが
新機能を確認せず、毎度おなじみのやり方で作業を進めていたことを少し後悔したので、ここに書きたいと思います。

Illustrator上でテキストをコピーペーストをすると「フォント・サイズ・太さ」などがそのままの状態でペーストされますが
【書式なしでペースト】するとペースト先の文字形式に合わせてくれます。

この機能ができる前は「CiPT Lite」というアプリを使って同じ事をしていたので、アップデートが出来ない場合は使ってみると便利だと思います。

https://github.com/monokano/CiPT-Lite
(macOS用)

それとは別に、 たまにしか使わないけど便利だな〜と個人的に思っている機能も少し書きたいと思います。

Illustratorで設定している単位を[mm.cm.pt.px]など設定の変更をしなくても入力すれば簡単に変えられるやり方です。
たとえば線幅がpt表示でも、mmの線にしたい時は線幅の欄に何mmと打ち込めば変更されます。

線だけでなく、文字の大きさの単位がptでもQと入力すれば級のサイズで変更され、オブジェクトのサイズの単位がmmでもpxと入力すればピクセルの単位で変更されます。



大元の単位設定を変えずに一時的に使いたい時に、とてもおすすめです。

Writing:Narita
子どもの頃の夢
2021年09月24日

なんやかんや言われたT○KY○ 2○2○も終了。

みなさんが熱心に観戦した競技はありましたか?

デザイナーの北村です。

 

僕が断然アツくなったのは、新競技の「スケートボード」でした。

もともと趣味としてスケボーを楽しんでいるので楽しみにしてはいましたが、自由な気風、華麗なトリック、お互いを讃え合うピースなカルチャー、カジュアルすぎる解説、国内・県内勢のメダルなどなど、思っていた以上に世間を沸かせてくれたように思います。

 

 

▲僕のデッキです

 

ストリート男子で見事金メダルに輝いた堀米くん。ここ数年、世界を舞台に目ざましい活躍をしており、もともとスケーターなら誰もが知るスーパーヒーローだったのですが。

 

彼の有名なエピソードに、小学校時代の文集があります。「世界で一番うまいスケーターになる」「スケボーの本場アメリカに住む」「アメリカのプロスケーターに認められる」…文集にはそう書かれていたそうです。

まさに夢を叶え、アメリカどころか世界中から認められる存在になってしまいました。凄いことです…。

 

 

ふと自分の子どもの頃の夢を思い返してみました。

堀米くんのように何かに打ち込んでいたわけでもなく、漠然と宇宙飛行士やら警察官やら、深くも考えずコロコロと夢が変わるような少年でした。

その中でやたら具体的で記憶に残っているのが「図鑑の絵を描く人」と「考古学者」です。

 

保育園の頃から図鑑を眺めるのが好きで、さまざまな動物、鳥、魚、昆虫などが載っている分厚い本を広げては、載っている生き物たちをらくがき帳に描き写すのが好きでした。絵本のような空想の世界に浸るというよりは、現実にあるものを観察して手を動かすとことが好きだったようです(自己分析)

そして思いました。大人になってもこうやって無心に絵を描いていられたらいいな…と(今それが叶っているかどうかはわかりません…笑)

 

さらに、数ある図鑑の中でも特に好きだったのが恐竜です。まず造形のカッコよさに惹かれ、1億年も前にこんな生き物たちが地球上を闊歩いていたことに想像を巡らせ、胸を熱くしたものです。

そしてこうも思いました。世界中を飛び回って恐竜の化石を発掘して研究する人になりたい、と。新種の恐竜を発見し、新しく名前をつけるのが夢でした。そのときの気持ちは生き物や地質学好き、旅行好きという趣味に収まっています(好きな番組はブラタモリです)

 

 

DRAFT代表の宮田識さんへのインタビュー書籍『デザインするな』には、こういった意味のことが書かれています。

「自分が好きでやっていることが、人と比べてどうこうということを意識しなかった頃に育んだ感性は信じられる。世間の理屈ではなく、自分だけの感性を自分の真ん中に据えて物事を捉え、考えることが大事。」

…大人になるとなかなか難しいことではありますが、自分が純粋に好きだったものやそのときの気持ちって大事だったんだなと、今になって思うことが増えました。

 

今の生活に直接役立つことはないかもしれませんが、あの頃の気持ちは純粋だったし、正解も間違いもない。夢を叶えていてもいなくても、そこには検索しても見つからない何か大切なものがあるかもしれませんよ。

 

皆さんの子どもの頃の夢は何でしたか?

Writing:Kitamura
あたりまえがいちばんです 
2021年07月07日

ご無沙汰しております。デザイナーの村上です。
まだまだコロナ終息とはいかない昨今、いかがお過ごしでしょうか。 

さて、最近、家のいろんなものがくたびれてきました。
もう十数年住んでるのでちょっとずつがたがきてるのでしょうね。
例えばこんな感じです…

極め付けは旦那の故障(腰痛発症)です。
モノは買い換えればいいのですがカラダとなると難しい。
歳のせいにしたくはありませんが、あたりまえにできていたことが急にできなくなるって本当に辛いです。
普通の生活がどれほどありがたいことだったのか、痛い目を見て初めてわかるんですよね。
規則正しい生活、適度な運動…わかっているの後回しにしてしまっている今日この頃。だめですね。
それに比べて…

弊社のH川さんは昼休みウオーキングしたりマラソン大会に出場したり、T越さんやH爪さんは最近自転車通勤したりと、みんな健康的でアクティブ!見習いたいです。ホント。
あたりまえの毎日を過ごすために皆様も日々健康に気をつけていきましょう★

Writing:Murakami