アイアンオー

top

BLOG

欧文書体が好き
2018年03月09日

デザイナーの北村です。

 

きれいな欧文書体が好きなんですよ。

 

Trajan01

「欧文書体」というのは、一言でいえば「英字フォント」のこと。パソコンの中にはたくさんのフォントが入っていますよね。書体制作会社もたくさんあり、あとから気軽に買い足すこともできます。

美しいフォルムだとか、遠くから見ても読みやすいとか、でっかく使ってかっこいいとか、個性的でありながら実用的だとか。そういう書体を眺めていると、なんだかうっとりしてしまいます。。

 

そんな欧文書体の魅力の一つに、書体が設計・制作された歴史や背景があります。(「設計」という言い方もかっこいい…)現在よく使われている数々の定番書体や人気書体というのは、50年前、100年前、中には500年前には原形ができあがっていて、それを元に現在僕たちが使っている「フォントデータ」にしたものが多いんですよ。

 

 

今回はその一つをご紹介。

 

■Trajan(トレイジャン)

Trajan02

約2000年前の古代ローマ時代、トラヤヌス(Trajanus)帝の石碑や建物等に彫られていた文字を参考に設計されたそうです。

 

Trajan03

 

荘厳で格調を感じさせるフォルムです…。なんて美しいんでしょう…。2000年も前に既にここまで美しい文字が存在していたというのは驚きでしかありません。。。

ちなみに、下の行ほど文字が小さくなっていきますが、これは高いところにある石碑を下から見上げたときに、各行の文字を同じくらいの大きさに見せるためだそうです…!(驚愕)

フォントになった今でも、当時の状況にあわせて小文字は制作されていませんし、文字幅は一定ではないので本文向きではありません。一般的に見出し等で大きめに使い、字間を詰めずゆったり組んであげるのがいいとされています。

映画のタイトルや大学のロゴなど、世界中のいろいろなところで使われているんですよ。

最近だと大河ド○マのオープニング映像で「西郷○ん」と出る前に“ S E G ○ D O N ”と出ますが、あれがTrajanです 笑

 

こういった書体が持つ背景というのは、日常のデザイン業務で書体を選ぶ際には関係のないことですし、影響されることもありませんが、無数にある書体の世界にたしかに深みを持たせているのではないでしょうか。

 

また機会があれば別の書体を紹介できればと思います。

Writing:Kitamura
やさしい味
2018年02月23日

出会えたらラッキー!一部ではレアキャラ扱いのデザイナー、村上です。
大流行のインフルエンザも大寒波も一段落し、あたたかな春の訪れを待ちわびる今日この頃。みな様いかがお過ごしでしょうか。

最近、テレビのグルメ番組を見ていると「あ~やさしい味ですね~」とか「この味、なんだかほっとする~」という表現がでてきます。出汁がきいてて素材の味が活きてる感じなのか、おふくろの味に近くてなつかしい味なのか…ちょっと気になります。
わが家の「やさしい味」は、というと…

ま、こんなもんです。だいたい旦那に合わせて濃いめの味つけが多いのですが、たまに「お、やさしい味つけになったんじゃない♪」と思える料理を出すと、「なんか、しょうもない(味が薄い)…」と味とは真逆のキビしい言葉が返ってきます。ま、だいたい加味されるのですが、やっぱりちょっとへこみます。食卓あるあるでしょうか。。。

 

さて、富山県では「とやま食ロスゼロ作戦」という食品ロスをなくそうという活動を推進しています。詳しくはコチラ
私もその活動のキャラクター制作に携わったこともあり、食ロスを意識するようになりました。賞味期限の近いものを選んだり、大根の皮をきんぴらにしたり、ブロッコリーの茎はシチューに入れたりと微力ですが食ロス防止に取組んでいます。ある種これも(環境に)「やさいしい味」なのでは?と勝手に思っています。
お近くのスーパーで、赤いりんごのキャラクター「すっきりんごちゃん」をみかけたら、エコにもつながる食ロスについて考えてみてくださいね。

Writing:Murakami
なんでボツやね〜ん
2018年02月09日

こんにちは!デザイナーの寺越です。

WEBサイトをリニューアルして1ヶ月。ご覧になっていかがでしょうか。私もほんの少〜しだけサイト制作に参加しました。たいした事はやっておらずワイヤーフレーム程度の簡単なデザインカンプなどです。ちなみにワイヤーフレームやスクショの作業を行う際は心の中で必殺技風に叫ぶようにしています。

寺越寛史

話を戻します。実は前回の当社WEBサイトの制作もほんの少しだけ携わっています。スクショしますね。

はい。こんなサイトです。古さが醸し出てますね。

当時、何人かで企画していました。会議で「ノートを下地にしよう!」と、そこはかとなく決まったと記憶しています(私のアイデアではないです)。なんとか自分のツメ跡を残そうとこんなデザインを考えました。お問い合わせフォームから入力して送信すると・・・・

どうですいいですよね!

ところがあえなくボツ。ことごとくボツ。なんでボツやね〜んと悔しさで、涙の汁で枕をグッショリ濡らしました。さて皆さんはなぜボツかもうお気づきですよね。

 

こんなパフォーマンスがいちいち発動していたら鬱陶しくてwebサイトの使い勝手がとっても悪いですよね。そもそも実装事態がむずかしそうです。

それと一番の問題は自戒をこめてここ→ユーザーの使い勝手よりも、自分のツメ跡を残そうとデザインしてる事です。デザイナーの自己満足と傲慢ですね。

面白い!やキレイ!などデザインをする上で大切な要素は、誰かのためだったり、目的達成のためでなくてはいけないなぁ〜と強く思う今日このごろです。実はこのブログも誰かのために書いていたりして。

それにしても、紙ヒコーキいいですよね。

Writing:Terakoshi
今朝も除雪から……。
2018年01月26日

こんにちは!橋爪です。

記念すべき初ブログ、スタッフリレー方式のため逃れられず……。

ネタを探してたところに大寒波!!

 

毎日、除雪から1日が始まりうんざりしている今日この頃。

日頃、お箸とマウスしか持たないこの手にスコップとドカ雪。

大寒波のおかげでパウダースノーなのが救いです(笑)

髪も顔も汗でグショグショ!腕はプルプル震え気分は最悪。

わが社は雪を捨てるところがないため

駐車場にはちょっとした雪の大谷が。

このまま寒波が続けばどこまで積み上がるのでしょうか?

 

 

外出から戻るとなんということでしょう。

二代目雪だるまくんがお出迎え…癒されま~す。

 

 

わが社には、こんなこども心を持った大人がいるんですよ(笑)

このまま寒波が続けば、三代目が出現するかも……。

Writing:Hashizume
富山県道177号蓮町新庄線
2018年01月24日

こんにちは堀川です。富山市内の古道の一つ、岩瀬往来(富山県道177号蓮町新庄線)をプラっと走ってみたいと思います。この道は岩瀬から新庄を経由し、遥か立山まで物資を運ぶ重要な道だったようですね。

 

スタートは県道の終点でもある新庄町。しかし、県道のオーラがまったくない。。。

 

道幅は布団が横に敷ける程度。路面は絶妙に用水へと傾いており、車も人も水中へ飲込む“怪道”として地元で恐れられています。おかげで私も子供の頃はズブ濡れでした。車は標識上は対面通行が可能となっているのでナビを利用の方はご注意下さいね。

 

150Mほど進むと左手に新庄小学校が見えてきます。戦国時代ここはでした。当時の富山は実戦的な砦が多く、この城も上杉軍の富山城攻めの拠点だったようです。

 

手前の歩道は先程の用水が暗渠となっています。もしかしたら武者落としの堀跡かもしれません。

 

小学校を後に広田地区の古い住宅街をトボトボと走ります。生まれて初めて通る道はどこか新鮮です。

 

新幹線の高架を抜けると地下道が右に口を開けています。背後から車の気配。ダッシュするがあきれるほどに自分が遅い。

 

息切れてウネウネ住宅街を抜けると、左手に文苑堂豊田店。雰囲気良し!店長良し!心和む空間です。

 

8号線の地下道を抜けるとそこは豊田地区。うっすらと台地になっている地形なので、古墳や豊田城があったのもうなづけます。ペースを落としカーブにさしかかると建設中の住宅が眼前に。ここが噂のセキュレア豊田本町!(以下CM)街ぐるみでエネルギーを創って、貯めて、備える。未来型のスマートな住宅。交番、保育所、地区センターも側にあり、子育て世代には安心な環境です!

 

ここで気が抜け見事にコースアウト。ナビを使うべきだった。本道までの戻りは坂道。息が上がる。

 

小雨と寒さでメンタル急低下。ひたすら北へと向かう。なんとか目標の富岩運河を通過。

 

到着〜!ここが県道の起点の交差点です。

 

突き当たりには旧制富山高校だった馬場記念公園。今は雪に埋もれていますが趣のある良い場所ですね。

 

さてと、身も心も冷えたので、ちゃっかりポートラムで帰ります。それではまた!

 

Writing:Horikawa